プロミスでも延滞すると取り立てはあるの?

プロミスで延滞するとどうなるの?

決められた返済期日に返済をしなければ延滞扱いとなります。
プロミスでは延滞をするとどうなるのでしょか?取り立てはあるのでしょうか?
 延滞者がいた場合、プロミスが最初に行うことは、利用者の携帯電話への連絡です。数日間だけの短期の延滞の場合は、「返済期間が過ぎていますが、いつご入金・返済をしていただけますか?」といった丁寧な取り立て・入金の確認の電話がかかってきます。自宅の電話を登録している方は自宅にかかってきますが、もし家族が電話にでたとしても会社名ではなく個人名でかかってくるので心配する必要はありません。
携帯電話への連絡が通じない場合には、勤務先に連絡が入りますので気を付けましょう。催促の電話があった際に、”○○までに支払う”と支払日を約束すれば、それ以降電話はかかってくることはありません。
しかし約束した日に返済をしないと再度電話がかかってきます。
電話での連絡がつかない場合はどうなるでしょうか?そのような場合は、催促の書面や内容証明郵便で催促状が自宅に届きます。
もし電話や郵送の催促状の連絡が来ているのに無視し続けると、次の2つのパターンをプロミスでは実施しています。

 

1つ目として、債権回収会社に債権が譲渡されてします。
そして2つ目は、裁判所で強制執行が行われ、差し押し手続きが申し立てられる場合もあります。このような最悪の状況になる前にプロミス側と連絡をとり相談するようにしましょう。

 

過剰な取り立てはない??

テレビドラマや映画などでみる激しい過剰な取り立ては、法律(貸金業法21条)で禁止されています。返済の延滞は許されることではありませんが、利用者の生活に直接影響することや周囲の方に対する迷惑な行為など違法的な過剰な取り立てが行われる心配はありません。

 

延滞しそうな場合にはあらかじめ連絡を!!

万が一「返済が遅れそう・・」と分かっている場合には、取立ての電話がかかってくる前にまずは担当者、もしくはプロミスコールセンターへ電話連絡することが大切です。その際に、いつまでに返済することができるかプロミス側と相談することができるでしょう。場合によっては返済日の延期や支払額を低減するなど柔軟に対応してもらえることもあります。延滞は決して許されることではありませんが、前もって連絡を入れておくなら信用関係を大幅に下げることを避けることができます。融資は信用関係が一番重要です。そのため、延滞をしないように収入と支出のバランスをよく考慮し、返済計画をしっかり立ててから融資を受けるようにしましょう。

 

プロミスで返済延滞した場合はどうなるの?

プロミスで延滞するとどうなるの?

プロミスへの返済期日が過ぎてしまった場合どうなるのでしょうか?厳しい取り立てなどがあるのか・・と不安に思っておられる方もいることでしょう。結論から述べるなら、プロミスでは返済が遅れてしまったとしても、厳しい取り立てはありません。しかし、返済が期日より1日でも遅れるなら、遅延損害金が発生します。遅延損害金とは何のことでしょうか?それは通常支払うべき利息とは全く別のもので、いわゆる罰金のようなものです。損害遅延金は、「返済期日を過ぎた日数×遅延利息20%」という方式で計算されます。また、返済が遅れた場合、プロミス側から電話連絡が入ります。連絡の内容は厳しいものではなく、利用者の返済状況を確認するために、いつ頃までに返済することができるかの確認がなされます。プロミス側は利用者が返済できなかったのは、うっかり返済日を忘れてしまったのか、事故や病気などだったのか、それとも返済が大変なのか、といった延滞をした理由を知りたいと思っています。なぜなら、各利用者の状況に応じて柔軟な対応をしたい!と考えているからです。突然電話がかかってきたら驚くかもしれませんが、そのときは自分の現在の状況・支払うことができなかった理由を正直に話して相談するようにしましょう。返済に関するアドバイスを受けることができるでしょう。このように厳しい取り立てはありませんが、延滞は決められた返済日を守らないことなので決して許されることではありません。

 

返済が遅れそうなときはどうしたらいい?

返済期日に返済ができないと判断したときは、プロミスからの電話連絡を待つのではなく、できるだけ早く返済期日前に自分から担当者に電話で連絡をし、相談するようにしましょう。返済することができない理由を伝えるなら、返済期日の変更や返済に関して何らかのアドバイスを与えてくれるなど柔軟な対応をしてくれます。返済期日の変更を希望する場合は、自動音声応答でも受け付けています。返済期日から30日以内なら期日を変更することが可能となっています。このように少しでも誠意をみせるなら、信頼関係に深い傷が入らずにすむでしょう。

 

3ヵ月延滞するとブラックリスト入りに・・

プロミスで3ヵ月以上の延滞をすると遅延損害金だけでなく、信用情報がブラックになってしまいます。いわゆるブラックリスト入りです。そしてこの情報は信用機関に約5年間、金融事故情報として記載されます。その間は新たにローンを組むことや、新しくクレジットカードを作ることなどが出来なくなります

プロミスで利用停止になる可能性があるのはこんなこと!

その1:返済が滞っている

プロミスのキャッシングを利用している間、返済が滞ってしまうと、利用停止や解約などになってしまう場合もあります。1度や2度の返済が滞らせるという行為で利用停止になることはありませんが、返済遅延を何度も繰り返したり、返済を長期間滞納させたりするなら信用情報が悪化してしまい利用することができなくなってしまう可能性が高くなります。プロミス以外に借り入れをしている方は、ほかの貸金業者での返済遅延や滞納もプロミスの利用に影響を与えます。なぜなら、他での借り入れ状況は個人信用情報機関に登録されているからです。もし何らかの金融事故が発生すればプロミスでの利用は停止になります。

 

その2:他社での借り入れが増えている

プロミスでキャッシングを利用する場合には、他社で借り入れをしている金額にも注意を払う必要があります。もし他社での借り入れ金額が増え、信用度が低下していれば利用停止になる可能性があります。また、増額申請や、契約更新の際には再審査をしますが、その際に再度照会する信用情報のスコアが低下しているなら利用停止となる場合もあります。

 

その3:借入限度額の上限以上は利用することができない

プロミスのキャッシングは、利用限度額の範囲以内なら何度でも借り入れをすることができます。しかし、利用限度額を過ぎてしまった場合には、それ以上の利用はすることができません。なぜなら、利用限度額は利用者の収入に応じて決められており、年収の3分の1以上の借り入れはできないと総量規制で定められているからです。

 

その4:収入証明書の提出を求められているのにそれに応じない

プロミスで収入証明書の提出を求められるのは新規契約時増額の審査時契約の更新時のときです。収入証明書を提出しなければ50万円以上の融資を受けることはできませんし、契約を更新することもできません。そのため、プロミス側から収入証明書の提出を求められたときは、すぐに応じるようにしましょう。

 

その5:申し込み時に虚偽の申告をしている

プロミスを契約した際に、虚偽の申告をしていた場合、それが発覚した際には、即カードの利用停止・強制解約となります。虚偽申請による借り入れは詐欺罪として扱われます。

 

その6:他社で金融事故を起こした

プロミスを利用中に、他社からの借り入れで金融事故を起こした場合は利用停止・解約になる可能性があります。

プロミスの解約方法とは?

プロミスの解約方法とは?

プロミスは次のような方法で解約をすることができます。

 

1、電話で解約する方法
プロミスの解約は電話ですることができます。プロミスコール・0120−24−0365へ電話をかけることができます。音声ガイダンスの指示に従うならオペレーターへつなげてもらえることでしょう。その後、名前や会員番号などの必要情報を伝え、解約したい旨を伝えることができます。本人確認が取れ次第、プロミス側が解約手続きをはじめます。(プロミスコールの営業時間は平日9:00〜18:00、土日祝日は休業となっています。)電話で解約申し込み後、自宅に解約申し込み書が届きます。それを記入し、ハサミで切ったカードを同封して返送すれば、後日解約証明書が届き、すべての解約手続きが完了となります。

 

2、プロミスカードローンのお客様サービスプラザ(有人窓口)で解約する方法
電話解約方法以外にも、店頭で解約する方法もあります。店頭解約を希望する場合は、店舗へ赴き解約したい旨を伝える必要があります。その際には、プロミスカード、運転免許証・パスポート・健康保険証などの本人確認書類、印鑑が手続きの際に必要となりますので忘れずに持参しましょう。その場で解約申込書に記入して解約手続きは完了となります。自宅に書類が届くことはないので、家族にバレたくない方は店頭で解約手続きをすることができるでしょう。

 

解約証明書とは?

解約の手続きをする際には、「解約証明書」の発行を依頼することができます。解約証明書があれば、住宅ローンや自動車のローンを組む際に消費者金融からの借り入れがないことの証明になります。それと似たもので「完済証明書」というものもあります。これは解約前でも発行を依頼することができますが、解約時にも発行を依頼することは可能です。解約証明書と同様の使い方をすることができます。

 

解約のメリットとデメリット

解約をすれば、借金から解放されるというメリットがあります。また、発行されたローンカードを使用することができなくなりますので、紛失の心配や不正利用などの心配もなくなるでしょう。しかし、急にお金が必要になった時に、すぐにお金を借りることができないというデメリットもあります。またプロミスを再利用したい場合には、新たに再契約をする必要があります。つまり、もう一度審査を受ける必要があるということです。そのため、今後キャッシングが必要になりそうな場面がくる可能性がある場合は解約をしない方がよいかもしれません。

 

 

 

 

プロミスは一度解約してしまったら再度借りられる?

プロミス解約後、再度借り入れをすることはできる?

プロミスは一度解約してしまうと、その時点で借り入れをすることはできなくなってしまいます。もう一度プロミスを利用したい場合は、また新たに申し込みをして審査を受け、それが通れば再度借り入れをすることができます。つまり、一度解約した人が再度プロミスを利用するためには、再度申し込み・審査をすることが条件となっています。ではどのように申し込みをすることができるでしょうか?プロミスの公式サイトから申し込みをすることができますが、もし可能なら電話で事前に連絡しておくとスムーズに手続きを済ませることができるでしょう。または契約機で再度申し込み手続きをすることもできます。

 

審査は同じなの?

再度プロミスの借り入れを希望する方は、初めて契約した際に行われた審査と同じものを再び受ける必要があります。前回審査に通過したからといって、今回も必ず通過するという保証は一切ありません。そのため、再度申し込みの際には、申し込み条件や自分の属性など今一度確認するようにしましょう。審査の一環として行われる在籍確認は、プロミスとの信頼関係がある場合など、ケースによっては実施されないこともありますが、行われることを前提に申し込みすることをおすすめします。なぜなら、実際に申し込みをしてみるまでは在籍確認をするかどうかを知ることはできないからです。そのため、正確な勤務先情報を申告するようにしましょう。また、以前契約していた時と勤務先は異なる場合は、ほぼ在籍確認は実施されます。

 

以前の借り入れ状況が審査に影響する?!

プロミスで再度借り入れの申し込みをする場合、以前契約していた時の借り入れ状況も審査されることがあります。もし返済が延滞したり、滞納したりなど以前の借り入れ状況が悪いなら審査に通過することは難しいかもしれません。逆に、以前の借り入れ状況が良ければ審査に有利となるでしょう。

 

カードを持っているのもアリ?!

上記でも見たように解約後に再びプロミスを利用するためには、再度申し込みをし審査を受ける必要があるため、時間と手間がかかります。そのため、プロミスを利用していなくても解約をせずに、カードを持っている方がいいでしょう。そうすれば、万が一緊急にお金が必要になったときにすぐに利用することができるのでとても便利です。解約しようと考えている方は、今一度再考してみることをおススメします。